遺産相続をする場合に借金がある場合にはどのようにしたらいいかを説明しています。

Q4:債務(借金)がある場合の相続はどうするのか。

:債務(借金)がある場合の相続はどうしたらいいのですか?

A:相続が発生すると、被相続人の一切の権利・義務を引き継ぐことになります。しかし、明らかにマイナスの財産(債務)がプラスの財産より多い場合は、マイナスの財産もプラスの財産も引き継がないという相続放棄をすることができます。 これは、相続が発生することを知った日から3カ月以内に家庭裁判所に申立なければなりません。この期間を過ぎてしまうと、通常の相続を承認したとみなされ、プラスの財産もマイナスの財産も相続することになりますのでご注意ください。
詳しくは単純承認、限定承認の項目も合わせてご覧ください。

※相続Q&Aのページへ戻る

※初回は、無料ですのでお気軽にご相談ください。
問い合わせ電話番号

遺言書や相続に関する事なら何でもお気軽にご相談下さい。

田口多津