遺産相続などの際に関係ある相続放棄について説明しています。

Q3:相続放棄とは何か。

:相続放棄とは何ですか?

A: 相続放棄とは、相続の権利がある相続人が財産や債務の相続を「引き継がない」と宣言することをいいます。相続放棄は、相続開始を知った3か月以内に家庭裁判所に相続放棄の申立をしなければならないと決まっています。 相続人が複数の場合は、一部の人だけが相続を放棄することもできますし、全員が放棄することもできます。しかしながら、「この財産は相続するけれど、この部分は相続しない」ということは原則できないことになっています。「全てを相続する」「全てを相続しない」どちらかを選択しなければなりません。マイナスの財産が明らかに多い場合や、相続争いなどに巻き込まれたくない場合、相続放棄を選択される方が多いようです。

※相続Q&Aのページへ戻る

※初回は、無料ですのでお気軽にご相談ください。
問い合わせ電話番号

遺言書や相続に関する事なら何でもお気軽にご相談下さい。

田口多津