相続に関係のあるキーワードについて田口司法書士事務所から説明しています。参考にして下さい。

相続をめぐるキーワード

【相続】

亡くなった人の遺産を配偶者や血族が受け継ぐことです。

戦前は戸主が財産を独占的に受け継ぐ「家督相続」が基本でした。

【被相続人】

遺産を相続させる側の人のことで、亡くなった人を指します。

相続は被相続人の死亡で開始されます。

【相続人】

遺産を相続する側の配偶者(夫または妻(入籍が必要))や血族のことで、被相続人の死亡時点で生存していることが必要です。血族では、?直系卑属である子(子死亡している場合は、その子である孫、孫も死亡している場合は、さらにその子)?直系尊属である父母(父母共に死亡していたらその父母である祖父母)?被相続人の兄弟姉妹(兄弟姉妹が死亡している場合は、その子であるおい、めい、但し、おい、めいが死亡している場合、その子にはでは、相続権はない)の順番で相続権が発生します。

【推定相続人】

被相続人の生存中に、第1順位の相続人になると推定される人のことを言います。

配偶者と子ども(直系卑属)がいる場合はその配偶者と子ども(直系卑属)、子ども(直系卑属)がいない場合は配偶者と父母(直系尊属)、子ども(直系卑属)も父母(直系尊属)もいない場合は配偶者と兄弟姉妹が該当します。

【直系卑属】

被相続人の直系子孫(子・孫・曾孫など)を言います。

【直系尊属】

被相続人の直系の前の世代(父母・祖父母・曾祖父母など)を言います。

【代襲相続】

相続人になるはずの人が、被相続人より先に亡くなった場合、その相続人の子どもなどに相続権が引き継がれることを言います。この代襲相続は、子どもなどの直系卑属と兄弟姉妹が亡くなった場合に限られ、被相続人の直系尊属である父母が共に亡くなっており、その祖父母あるいは曾祖父母が相続する場合には、代襲相続とは言いません。

【数次相続】

代襲相続と似たもので、数次相続というものがあります。こちらは、被相続人が亡くなった後、その相続手続きが完了しないうちに、相続人が死亡し、さらに相続が開始することを言います。 

【法定相続】

遺言書がない場合などに、亡くなった人の財産を法律に則って相続させることを言います。相続できる親族の範囲(法定相続人9や、遺産分割割合(法定相続分)が決まっています。

【遺留分】

遺言書によっても、侵すことのできない相続財産の分割割合のことを言います。ですから、被相続人が、相続人以外の人に財産をすべて遺贈するという内容の遺言書を残したとしても、相続人は、一定の割合の遺産を取得することができます。相続人が子どもや配偶者である場合は、法定相続分の2分の1、直系尊属のみが相続人である場合は、法定相続分の3分の1が、遺留分として認められています。なお、兄弟姉妹が相続人である場合は、遺留分は認められていません。

※初回は、無料ですのでお気軽にご相談ください。
問い合わせ電話番号

遺言書や相続に関する事なら何でもお気軽にご相談下さい。

田口多津