遺言書作成の際、相続人はどうやって決めるのかについて説明しています。

Q1:相続人はどうやって決まるのか。

:相続人は、どうやって決まるのですか?

以下が法定相続人の順位と財産の分割割合です。

順  位相 続 人法 定 相 続 人
第1順位 配偶者と直径卑属 (※1) 配偶者 1/2 子 1/2
第2順位 配偶者と直系尊属(※2) 配偶者 2/3 直系尊属 1/3
第3順位 配偶者と兄弟姉妹(※3) 配偶者 3/4 兄弟姉妹 1/4


※1 子どもが複数いる場合、子ども同志の法定相続分は均等です。つまり、子どもが2名の場合、それぞれの法定相続分は1/2×1/2=1/4となります。
※2 同じ子どもの場合でも、嫡出でない子(婚姻関係にない者との間の子)は、嫡出である子の相続分の半分になります。また、嫡出でない子と父との間の法律上の父子関係は、認知があってはじめて発生します。
※3 子どもが先に死亡している場合は孫、孫が死亡している場合は曾孫が相続人になります。これを代襲相続と言います。
※4 直系尊属とは、例えば、両親、祖父母等で、親等の近い者が優先します。直系尊属も複数いる場合、直系尊属の法定相続分は均等です。
※5 兄弟姉妹が複数いる場合、兄弟姉妹同士の法定相続分も均等です。ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の半分になります。ただし、遺言書をあらかじめ作っていれば、上記の法定相続人とは異なる人を、相続財産の受取人とすることが可能です。

※相続Q&Aのページへ戻る

※初回は、無料ですのでお気軽にご相談ください。
問い合わせ電話番号

遺言書や相続に関する事なら何でもお気軽にご相談下さい。

田口多津