相続の際に必要になってくる相続税について説明しています。

相続税について

相続税はすべての相続人に課税されると思われているのではないでしょうか?相続税は、財産の合計額が基礎控除額を超える場合にその超過部分に対して課税されます。ですから相続した財産の合計額が基礎控除額の範囲内であれば、相続税は課税されないのです。

相続税の基礎控除額
相続税の基礎控除額は、法定相続人の数に応じて変ります。
基礎控除額=5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)

例えば、配偶者と子供が3人のケースでは基礎控除額は9千万円となり、遺産の総額がこれ以下であれば相続税は課税されません。
※法定相続人の数とは、相続人の中に相続放棄をした人がいる場合でも、その相続放棄がなかったものとした相続人の数をいいます。
※なお被相続人に養子がいる場合、相続税法上、法定相続人の数に含めることができる養子の人数には次の制限があります。
(1)被相続人に実子がいる場合・・・・・・養子の数は一人まで
(2)被相続人に実子がいない場合・・・・養子の数は二人まで

※相続の前に知っておくべきことのページへ戻る

※初回は、無料ですのでお気軽にご相談ください。
問い合わせ電話番号

遺言書や相続に関する事なら何でもお気軽にご相談下さい。

田口多津