相続を承認する場合に、単純承認と限定承認があることについて説明しています。

単純承認と限定承認について

相続の方法には、単純承認と限定承認の2つがあります。

1単純承認
 単純承認とは、被相続人のプラスの財産、マイナスの財産を全て引き継ぐことを言います。
相続が発生することを知って3カ月以内に限定承認の手続きを取らない場合、自動的に単純承認したことになりますのでご注意ください。

2.限定承認
 限定承認とは、被相続人のプラス財産の範囲内で、マイナスの財産を相続するというものです。いわば、条件付の相続ですが、相続人全員の総意が必要となり、3カ月以内に「限定承認の申述審判申立書」を家庭裁判所に提出しなければなりません。

どちらにしても、相続が発生し段階から速やかに、相続人の確認、相続財産を確定して、相続してもよいものなのか、するべきではないのかの判断をすることが大切です。

※相続する前に知っておくことのページへ戻る

※初回は、無料ですのでお気軽にご相談ください。
問い合わせ電話番号

遺言書や相続に関する事なら何でもお気軽にご相談下さい。

田口多津